コラム from Sweden
12ヶ月のおいしい話

ハウスメーカー【スウェーデンハウス】がお届けする、
スウェーデン料理のレシピ。

第115回
Tilltugg(ティルトゥグ) おつまみ
Baconlindade dadlar  デーツのベーコン巻き

パーティーやお呼ばれが多い12月。
スウェーデンでは、12月25日から4週間前の日曜日にあたるアドベントから始まり、クリスマス、年末のカウントダウンまでパーティー続きで、人を呼んだり、呼ばれたりの日々が続きます。
スウェーデンには「mingel(ミンゲル)」と呼ばれる立食のラフなパーティーがあり、展覧会やお店のオープニングをはじめ、ちょっとした人の集まりは、ほとんどがこのスタイルで行われます。
ミンゲルでは、「Tilltugg(ティルトゥグ)」と呼ばれる、日本でいう「おつまみ」のようなフィンガーフードが提供されます。ティルトゥグは、スウェーデン特有のオープンサンド(スモルゴス)や、スペインのピンチョス(串に刺したおつまみ)やタパス(小皿料理)のようなもののほか、ポテトチップスやナッツ類なども含まれます。

今回ご紹介する「デーツのベーコン巻き」は、スペインでは伝統的なタパスのひとつで、ミンゲルにぴったりの1品。今回はスウェーデンで人気のアレンジバージョンをご紹介します。
スウェーデン流にラフなミンゲルのスタイルでホームパーティを楽しんでみるのもよいですし、年末年始のお料理として1品加えてみてはいかがでしょうか?

[材料]6個分

ドライデーツ 6個
ベーコン(薄め) 3枚
クリームチーズ 大さじ2程度
ブルーチーズ 大さじ2程度
ピーカンナッツ 3粒 *お好きなナッツで代用可

ローズマリーの小枝 少々

【準備】
・オーブンを220度に予熱しておく。

作り方

1.
ドライデーツは半分に切り目を入れて、中の種を取り出す。
2.
クリームチーズとブルーチーズを容器に入れて混ぜ合わせる。
3.
デーツの切れ目に②をスプーンで詰める。
4.
ピーカンナッツを縦半分にカットして③に詰める。
5.
半分の長さにカットしたベーコンを④の上にのせ、端が下で重なるようにして巻き包む。
6.
オーブンシートを敷いた角皿に⑤を並べて、220度のオーブンの中段で10分ほど焼く。 *オーブンによって焼き具合が違うので、途中でベーコンが焦げるようなら早めにオーブンから取り出してください。
7.
焼き上がった⑥にローズマリーの小枝を刺して、皿に盛る。

*ローズマリーは焼き上がってから刺してくださいね。ほのかに香るローズマリーで、美味しさが倍増!
*ルッコラやベビーリーフをちりばめて爽やかな1品にしてもいいですね。
 

Share
by Sweden House
人と環境にやさしい住まい「スウェーデンハウス」。高い住宅性能を備えているからこそ叶えられる、快適で豊かな暮らしをご提供しています。

スウェーデンハウス公式サイト

おすすめレシピ

見瀬理恵子(イラストレーター&フードアドバイサー)
見瀬理恵子(イラストレーター&フードアドバイサー)
奈良県出身。パレットクラブイラストスクール1期生。
デザイン事務所勤務を経てフリーランス・イラストレーターとして仕事を始める。
1995年より通算13年間スウェーデンに在住、2013年に帰国。
帰国後はスウェーデン料理のケータリング事業を始める。
Fika(スウェーデンのコーヒータイム)のワークショップをとおして北欧文化を発信中。
https://www.riekomise.com/
https://www.instagram.com/spisen_jp/